マネークリップで財布を卒業

sponsored link

はじめに

約半年ほど前に誕生日プレゼントで「マネークリップ」を初めていただいたのですが、満足度が高い商品だったのでレビューしていきたいと思います。

分からない方のために軽く説明しておくと、

マネークリップは「普段買い物でクレカや電子マネーを使う人が財布代わりに使うもの」で、多くの著名人(櫻井翔、ホリエモンなど)からも支持されています。

ブランド自体もそこまで多くなく、STORUS(ストーラス)が一番有名です。

以下で簡単な特徴と使ってみた感想をお伝えします💨

マネークリップの外観・特徴・背景

外観

こちらがマネークリップの外観となります。

正面(フロント):クレジットカードを挟む。

裏側(バック):お札を挟む。

横幅(サイド):厚み1.0〜1.5cm。

特徴

写真からもわかると思うのですが「とにかく薄い」です。

また素材もステンレススチールでできているので「サビにくく触り心地も良い」という特徴もあります。

実際に使ってみてポケットにすんなり収まるのが、スタイリッシュでいいなと思いました。

(財布をポッケに入れるとサイドが膨らんで印象が良くないですよね、、)

↓↓財布とマネークリップの比較

写真のマネークリップでは私が愛用する「VISA LINE PAYカード」と「お札」が挟まれています。

背景

海外ではチップとして紙幣を払う機会が多いので愛用されていますが、コイン文化が強い日本ではあまり普及していませんでした。

しかしキャッシュレス化などの発展に伴い、日本でも一部の有名人やミニマリストが使うようになり、2020年頃からSNSでも口コミが広がっていったそうです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私は普段の買い物で「クレジット1枚」「Tポイントカード」「スマホ」しか使わないので、マネークリップで十分だなと感じました。

専門サイトから購入すれば名前を印字できるらしいのですが、恋人や友達にAmazonで簡単なプレゼントとしてあげるのも良さそうです。

(ちなみに僕のものには”Tom”の印字が入っています)