なぜ沖縄の人は100歳以上生きることができるのか

sponsored link

はじめに

数時間前にBBCが沖縄をテーマに扱った記事をあげていたので、その内容を早速シェアしたいと思います。

久しぶりの投稿でブログの書き方を忘れてしまっているのですが、暖かく見守って下さい。笑

参考文献はこちらです⬇︎

The ingredients for a longer life
A handful of small towns have remarkable longevity. What is it about their lifestyle that can increase your chances of living to 100?

100歳まで生きる長寿の街

世界中で長寿の街と言えば以下の5つがあります。

  1. Nicoya@コスタリカ
  2. Sardinia@イタリア
  3. Ikaria@ギリシャ
  4. 沖縄@日本
  5. Loma Linda@カリフォルニア

これら5つの町/島は、総じて「Blue Zones」と呼ばれています。

なんとこれらの地域に住んでいる人は、100歳以上生きる確率がアメリカの平均の10倍になるそうです。

Blue Zonesはイタリアの疫学者とベルギーの人口統計学者が死亡率の調査をしている時に作った言葉で、長寿の地域を青色で印をつけたことに由来します。(長寿の地域には青色の自然が多いということにもかかっている)

食事

世界中のBlue Zonesに住む人々に共通するライフスタイルの特徴として、まず挙げられるのは「食事」です。

特に昔のBlue Zonesの人々は適切に食事を取ることが上手だと言われています。

例えば、沖縄では年寄りの人は「腹八分(=お腹の80%が満たされる分しか食べない)」という祖先の教えを実践しており、ある科学者の調査によると腹八分は現代の大人が摂るカロリーの10%以上少ないといいます。

そしてこの事は「アンチエイジングに効果的である」と言われており、実際に動物を対象として肥満と加齢について研究結果からもそのことが確認できます。

そのメカニズムは完全に理解されている訳ではないのですが、今ではカロリー制限は「肥満に繋がる有毒物質」と「細胞へのダメージ」を減らすことができると考えられています。

さらにハーバード大学の遺伝子学者によると、カロリー制限はガンに繋がるようなDNA突然変異のリスクを減少させることにもなるそうです。

この人曰く、カロリー制限はDNAの負荷を減らし、DNA修復を手助けする効果があるのだとか。

Blue Zonesの人々はこの「倹約性」に加えて、自然中心の食事を摂っていたことが心臓状態の良さにつながっています。

他にもギリシャのIkaria島では、1日に2,3杯のお茶やコーヒーを飲むという習慣があり、これが心臓や血管の病気を減らす働きがあるという習慣があります。

細長いポットで細かくひき煮られたギリシャのコーヒーは、身体全体の炎症を抑えるクロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールが含まれており、これらを日常的に摂取することによって心臓病や脳卒中になりにくくなっています。

さらにこれらの飲み物はインスリンの増加を抑制し、体内の血糖値をコントロールしてくれるので、結果として高血糖症になる確率を減少させるのです。

カフェインの入った飲み物が人生の万能薬という訳ではないのですが、低カロリーの食生活と関連性があり健康で長生きをすることにも繋がります。

これらのBlue Zonesに住む「食事量を抑え新鮮な果物や野菜を食べること」が長寿の秘訣であり、一般的に思われているように「島国の人がよく魚を食べるから」ということではないそうです。

※実際に島国の人はそこまで魚を食べない。

同じ線で言うと、沖縄の人は紅芋とゴーヤを好んで食べるのですが、これも長生きするための秘策なのかもしれません。

沖縄の人は一般的な日本の米文化と異なり、長い間「紅芋」を主な炭水化物として摂取してきました。

紅芋は米に比べて血液をゆっくりと巡り身体への負荷が小さいだけでなく、ビタミンA・C・Eなども豊富に含まれています。

さらに沖縄の芋は、食物繊維も豊富でコレステロールや飽和脂肪酸が少ないので、高炭水化物であるにも関わらず長寿に良いとされているのです。

一方ゴーヤは、Ikariaのギリシャコーヒーのように様々な料理のお供として血糖値を抑える働きがあり、海藻や昆布など栄養素が多く含まれた海産物を消費しているので、それが老化防止にも一役買っています。

社会的結びつき

次に食生活と同等に重要度の高い「社会的結びつき」について話します。

Blue Zonesの人々は社会的に結びつきが強く、友人関係を維持するためのストレスが少ないので、心と身体の状態が良いと言われています。

ブリガムヤング大学の心理学者によると、人間関係の質は運動や食生活と同様に我々の健康にとって重要なもので、その社会的結びつきを論じる際には「宗教」が重要な要素となってくるそう。

例えば沖縄では琉球神道というものがあり、古来の人々はそれを強く重じてきました。

宗教は人生の目的を与えてくれるだけでなく、何か取り乱すようなことがあった際に心を沈めたりさせてくれるので、何かを信仰している人は1〜5年も寿命が伸びると言われています。

しかし何も信仰していない人でも理論上は、瞑想をしたり、自分と似た考えを持つ人と一緒にいることで同様の効果が得られます。

私たち日本人は無宗教が大多数なので、積極的に瞑想をしたり、似た考えを持つ人と一緒にいるということを心がけたいですね。

まとめ・感想

「沖縄の人が100歳まで生きられるのは”健康的な食生活“と”心の拠り所“があるから」

 

<感想>

長生きするには「心と身体の状態」が安定していることが重要となるが、その両方を満たしている沖縄はやっぱり特別なんだと感じた。

以下では私が気になった点について考えていく。

 

まず挙げるのは「腹八分」という言葉についてである。

なぜ、沖縄ではこのような概念が浸透したのだろうか。

理由は「歴史的背景」と「文化的背景」の2つある。

歴史的背景で言えば沖縄が当時琉球王朝だった頃、周りを大国に囲まれ、いつ敵が来てもいいように対策を講じる必要があった。

そこで満腹の状態では急な侵略に対応できないので、常日頃から危機意識を持つという意味で腹八分に留めていたのだ。

次に文化的背景としては、沖縄が完全なムラ社会であったという事実が挙げられる。

ムラ社会では誰かが困っていれば手を差し伸べるのが当たり前で、特に貧困世帯が多い沖縄では貴重な食事を家族や近隣住民に分け与えるという文化が根付いていた。

これが結果として「腹八分」という言葉に繋がり、自分よりも周りの人に喜んで欲しいという人間性も暗に伝えているのだ。

 

次に挙げるのは「信仰」という観点である。

沖縄では先祖崇拝のみならず、御嶽や琉球神道などが今でも信仰されている。

特に地方では昔から酷い税を課せられたり苦しい時期を過ごしてきたので、信仰に対する考え方には奥深いものがある。

議論を呼びそうなのであえてここでは言及しないが、現在でもほとんどのウチナーンチュ(沖縄人)が強い信仰を持っているのは紛れもない事実である。

 

今回同様、面白そうな沖縄の記事があればまた記事にしていきたいと思う。。

 

これからも有益な情報を無料で発信し続けるので「ブックマークB!」と「SNSのフォロー」お願いします🙇‍♂️

🗣んならね〜〜

Comment