Splunk

この記事は約5分で読めます。
sponsored link

Splunk (スプランク)とは

Splunk は「膨大な*マシンデータをインデックス化することで、検索 / 分析 / 可視化を行うプラットフォーム」です。

※「マシンデータ」= セキュリティ機器 / 業務システム / データベース / サーバー / センサーなどから収集されるデータ

主な特徴

・ログからセキュリティインシデントを検出
・特定の問題がシステム全体に及ぼす影響を早期に発見
・ログから分析した結果をレポート化して組織の意思決定を支援

競合

Datadog, Dynatrace, New Relic, Elastic, Sumo Logic など

セキュリティ分野

Splunk はピュアなセキュリティベンダーでないにも関わらず、売上の多くをセキュリティ分野が占めています。その理由は「セキュリティログだけでなく、メール / Webサイト / 入館データ などあらゆるデータを横断的に分析し、高度な攻撃にも対応できるから」です。一方、従来のセキュリティログシステムは、セキュリティログしか取り込んでいないため、標的型攻撃やAPT攻撃に対応できないという弱点があります。

入り口の広さ

Splunk は セキュリティ / IoT / ログ分析 / 可視化 など様々な強みを持ち合わせているため、顧客を捕まえる入り口が広いのも魅力です。例えば、はじめはセキュリティ分野で導入し、後からITオペレーションやログ分析まで拡張するというようなことも期待できます。


Source: https://www.royalcyber.com/technologies/splunk-big-data/

コア製品

Splunk Enterprise

Splunk Enterpriseは「ビッグデータのログを集計し解析 / 分析するソリューション」です。

特徴

・リアルタイムな解析 / インデックス化 / アラートを行う
・あらゆる形式のビッグデータに対応
・人工知能や機械学習を活用したBIを提供
・モバイルでも利用可能

注意点

・ホストインストール型なのでインフラは自前で用意

活用例 〜東京証券取引所〜

・APIを使ってSPL文にサーチ文を用意し必要な情報のみをExcelに自動で反映。


Source: https://www.splunk.com/ja_jp/software/splunk-enterprise.html

Splunk Cloud

Splunk Cloudは「クラウド環境を監視するSaaS型のプラットフォーム」です。

特徴

・契約後、最短2日で利用可能 (既存のAWSと連携可)
・インフラはSplunkが管理するため業務に集中できる
・システム規模に応じて柔軟にスケール

活用例 〜Ferguson社〜

・セキュリティ運用を気にせずに業務へ活かすための視覚的なレポートを入手。


Source: https://www.splunk.com/ja_jp/software/splunk-cloud.html

Splunk Data Stream Processor

Splunk Data Stream Processorは「リアルタイムのデータストリーミングによりミリ秒単位でデータを収集・処理し、Splunkやその他の送信先に配信するサービス」です。

特徴

・リアルタイムで特定の条件を検出
・条件を満たすデータを抽出し、他のDBと合わせて生データに追加
・データの傾向からセキュリティ対策やビジネスへ活用
・機密情報をマスクすることでコンプライアンスを強化
・複数のソースを一ヶ所で管理・配信
・GUIを活用したローコーディング
・機械学習でデータパイプラインを自動で設計


Source: https://www.splunk.com/ja_jp/software/stream-processing.html

Splunk 製品3つの特徴

検索

・数TBを超える大きなデータにも対応
・リアルタイムデータ / ログデータを同一 UI で検索
・検索パターンを保存 / スケジューリングし、結果をアラート
・今まで発見に数時間〜数日かかっていた障害時の根本的原因を瞬時に検知

■ログデータの検索例
66.35.255.255-09/Sep/2011:14:58:35]SESSIONID= SD3SL3ADFF5 HTTP 1.1″ 400 1645 “http:// www.myflowershop.com?category_̲id=SURPRISE” “Mozilla Macintosh/OSX‒10)
→ IP address:「66.35.255.255」
→ Timestamp:「09/Sep/2011:14:58:35」
→ Session:「SD3SL3ADFF5」
→ Website:「http:// www.myflowershop.com」
→ Category:「SURPRISE」
→ Device:「Mozilla Macintosh/OSX‒10」

分析 / 可視化

・検索結果からグラフで可視化 / 表形式で保存
・データの傾向を分析 / 予測
・複数システムのデータを横断的に紐付け、一見無関係なイベントからインサイトを得る

レポート

・複数の分析レポートをまとめたダッシュボードを作成
・ユーザー毎にダッシュボード画面をカスタマイズ
・定期レポートをPDFで自動配信

 Splunkの将来性

Splunk は2012年にNASDAQに上場 ($SPLK) し、今では全世界 約100カ国 で 20,000社近くの顧客を抱える大手企業です。日本ではあまり馴染みがないですが、Fortune100 (≒ 全世界で収益性の高い企業TOP100) のうち 91社 に導入されており、パートナーの数は2000社を超えています。また従業員も5000人以上おり、昨年度の収益は 23億ドル (2500億円) を超えました。

ここまで一見順調そうですが、売上は昨年比5%減で、2020年12月直近の決算は市場予想に反して赤字決算でした。競合である Datadog は昨年比 76%増、Elasticは 18%増と好調だったため、Splunkの株価は暴落してしまったようです。

※ データは2021年2月のもの。

さてこれから Splunk はどう巻き返せるのでしょうか。今後 IoT や DX が推進される中でログデータが重要となることは間違いないので、競争が激化する市場の中で Splunk がどこまでプレゼンスを高められるか注目していきたいと思います。