本要約は著作権違反!?

sponsored link

きっかけ

私は「日々の学びを少し深堀りしてアウトプットする」ことを目的にこのブログを開設しました。

ここでいう学びとは「読書」のようなインプット系を軸に考えており、中長期的に色々な本を紹介していきたいな〜と考えていました。

しかし、せっせと記事をアップする準備をしていた時あることが頭をよぎりました。

「あれ、これって著作権とか大丈夫だっけ?」

そうです。著作権です。

そこで今回は「本要約」に関する著作権事情をまとめたのでシェアしたいと思います。

ブログやYoutubeで気を付けたい著作権
著作権とは 著作権とは、簡単にいうと「その人独自のアイディア(が形になったもの)を保護しよう」というもので、著作物とは具体的に「音楽・映像・言語・建築・書物・写真・図形」などがあります(参考) ...

【結論】本要約は著作権違反!?

結論から言うと「本要約は、条件を満たせば著作権違反ではない」です。

これはブログや記事を書かない一般ピーポーには一切関係のない話ですが、教養として知っておくのもアリなのかなと思います。

以下に簡単に要点をまとめておきます。

やってもいい事

  • 2~3行程度の短い内容紹介は◎
  • 著作者の許可があれば基本的に◎
  • 本のキャッチコピーなど短文は◎
  • 正しく引用されていれば◎(詳しくはこちら
  • 本に載っている知識の公表は◎
  • 本の表紙は、Amazonのリンクや出版社のサイトを引用すれば◎
  • 本の表現を写すのではなく、概念などを自分の言葉でまとめるのは◎

やっちゃダメな事

  • 作品の全貌がわかる要約は×
  • 本の表紙をアップロードするのは×
  • 自分の営利目的の記事は×
  • 文章中の独創的な表現を抜き取るのは×
  • 著作者に不利益を与える内容(ネタバレ)は×

おまけ

  • 今のところ逮捕された人はいない
  • 訴えられるケースは少ないが、ブログを消すリスク」がある
  • 小説家だけでなく検察に訴えられる可能性もある
  • その本を通して自分がどう変わったのかを「ストーリー」で伝えれば面白い
blog
sponsored link
\この記事をシェアする/
宮古島×慶應理工×IT

Comment