【図解】Tableauのパラメータアクションで動的にグラフを切替

sponsored link

パラメータアクションで動的にグラフを切替える

操作の対象となるグラフを用意

ここでは「店舗毎の売上」「商品毎の売上」の2つを用意します。

f:id:tomtyan:20200412160630p:plain

パラメータの作成

※やり方はいくつかありますが、一例として(画面左の)「メジャー」「ディメンション」の空白部分を右クリックすればパラメーターの作成が現れます。

f:id:tomtyan:20200412163243p:plain

赤枠の箇所を設定し、動的パラメータを作成

ここでは名前を「動的パラメーター」としていますが、自分がわかれば何でも良いです。

注意点としては「データ型を整数にする」「整数に合わせた表示名を設定する」の2つとなります。

f:id:tomtyan:20200412162239p:plain

切替指標を作成

この時に、先ほど作成したパラメータと数値を対応させる必要があります。

ポイントは「CASE文を使って数値と指標を紐付けること」です。

f:id:tomtyan:20200412162842p:plain

対象となるグラフを用意

ここでは円グラフとしますが、どんなグラフでも大丈夫です。

f:id:tomtyan:20200412163951p:plain

「1」「2」の値をディメンションとしてグラフに挿入

この操作を忘れてしまうと、パラメータアクションが使用できなくなるので注意しましょう。

ここで挿入する型は「ディメンション」にしてください。

f:id:tomtyan:20200412211159p:plain

グラフタイトルをパラメータに変更

画像の赤枠が変更対象で「タイトルを右クリック>挿入>パラメータ」です。

f:id:tomtyan:20200412164856p:plain

パラメータアクションを設定

画面上部から「ダッシュボード>アクション>パラメータの追加>パラメータの変更」です。

※私は今、ダッシュボード画面を表示させているので、画面上部の「ダッシュボード>アクション」を選択しましたが、ワークシートを開いている方は「ワークシート>アクション」を選択して下さい。

f:id:tomtyan:20200412210515p:plain

それぞれに対応したパラメータアクションを作成すれば完成!

ここでは「店舗別」「商品別」のアクションを作成したかったので、2つ作成しました。

以下の赤枠部分を実装して下さい。

※「Hover」は、グラフ上でマウスオーバーしたときにパラメーターを切替えるというものです。

f:id:tomtyan:20200412211646p:plain

完成イメージ

f:id:tomtyan:20200412212903p:plain

実際の挙動

※デザインは私の好みに変更いたしました。

Comment