それFIXED関数じゃなくて「INCLUDE関数」使わなきゃダメだよ【Tableau(タブロー)】

sponsored link

はじめに

今回はTableau(タブロー)で意外と間違えがちな「INCLUDE関数」について簡単に説明したいと思います。

おそらく、この記事を見つけたということはLOD関数(=集計の細かさを操作する関数)を使っていているが「FIXED関数」と「INCLUDE関数」の違いをあまり把握できていないという不安感を抱いていると思います。

この記事で完璧に理解する事を目指して、早速みていきましょー!!

それFIXED関数じゃなくて「INCLUDE関数」使わなきゃダメだよ【Tableau(タブロー)】

まず先に、FIXED関数とINCLUDE関数の違いを把握しておくと

FIXED関数全てのデータから特定の粒度(=集計単位)で計算

INCLUDE関数ビュー内のデータを考慮して特定の粒度(=集計単位)で計算

です。

文章で長々と説明してても分かりにくいので、実際の数値をTableau(タブロー)で確認していきたいと思います。

f:id:tomtyan:20200409054501p:plain

今回は「日付(4/2~4/3)でフィルターをかけてFIXED関数とINCLUDE関数で計算する」ということをしました。

↑↑の画像の通り、FIXED関数では元データの「全データで日付を軸に集計している」のに対し、INCLUDE関数では元データにフィルターがかかった後の「4/2~4/3のデータで日付を軸に集計している」という事がわかります。

今回のテーマで僕が声を大にして伝えたいのは、フィルターがかかっているビューで集計するときはINCLUDE関数を使ってね!という事です。

おまけ〜INCLUDE関数の挙動〜

INCLUDE関数で「軸となるディメンションを追加した場合」と「商品名というカラム(=列)を除外した場合」でINCLUDEの挙動を確かめてみました。

f:id:tomtyan:20200409055637p:plain

まとめ

「フィルター使うときはINCLUDE関数使ってね〜」

これからも有益な情報を無料で発信し続けるので「ブックマークB!」と「SNSのフォロー」お願いします🙇‍♂️

🗣んならね〜〜

#たぶろー #タブロー #Tableau #たべろう #食べログ #taburo

↓↓実際のTableau(タブロー)の画面

Comment