20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【大学受験編】2/3

sponsored link

田舎の中学から難関大を志望した理由

結論から言うと、私が難関大を志望した理由は「自分がワクワクする世界に飛び込みたかったから」です。

私は生後から高3までの18年間を田舎で育ち、小中は野球部に属していました。

学校では授業中もやりたい放題で、週末には海に泳ぎにいくという自由気ままな生活。

一学年200人ほどで男女の壁はなく、夏には文化祭や花火大会など青春イベント目白押し。

今振り返っても「本当に幸せだった」と言える充実した日々でした

しかし、心の中では常に「本当にこのままでいいのだろうか」という葛藤がありました。

島の大人達は浴びるように酒を飲み、理想の職業は「公務員」一択。

年長者の発言が絶対で「普通」の生き方を好み「変わった価値観を激しく否定」する

私はそんな大人達に子どもながら「強い嫌悪感」を抱いていました。

それだけではありません。

単調な日々の中、何の目標もないまま小さなコミュニティで生涯を終える

当時中学生のTom少年は、これからの自分の人生がハッキリ見えてしまったとき「早くこの島から出なければ行けない」という危機感を感じました。

そこでやるからには上を目指したいと思い、無謀だと笑われながらも「難関大受験」を決めました。

底辺高校から難関大に合格するために

島の底辺高校に入学した私は、以下の3つの目標を掲げました。

  1. 学年トップになる
  2. センター試験で結果を出す
  3. 志望校(国立)の模試でA判定を取る

学年トップになる

学年トップを目指そうと思った動機は「周りの大人達を見返したい」と思ったからです。

難関大を受験すると決めたからには底辺高校でトップになるのは当然で、中途半端な順位だと周りの大人に笑われてしまうと考えていました。

結論から言うと「難関大を志望する同級生が常にトップ」で、5教科7科目の総合点で彼に勝つことはありませんでした

私は志望校こそ国立でしたが、国語や地理の点数が壊滅的だったので、途中から総合トップではなく「理系科目でトップになる」と目標を変えました。

数学の応用問題を解くことが好きで、授業中に難関大の2次試験などが出れば無双できるのですが、学校のレベルの数学では「凡ミス」をすることが多く、なかなか満点を取りきれずにいました。

学校のテストは難易度が低いだけに「いかにミスを減らせるか」が鍵となります。

そのために「自分のミスの傾向を分析」し、試験本番でミスを防ぐ方法について考えました。

分析した結果「問題文後半の条件式を読み飛ばす傾向がある」「結論を導く際の暗算で計算ミスが多発する」ということが判明しました。

それを意識してからは格段にミスの数が減りました。

その精度を上げるために、本番中にミスが起きることを前提としてそれを時間内に修正する方法についても考えました。

「答えを求めた後に都度検算する」「文中の条件式に下線を引く」などいくつかの方法が思いついたので、それらを全て実践しました。

結果的に「圧倒的な速さで解き何度も見直しする」という方法が最も自分に合っているということがわかり、理系科目で取りこぼしが少なくなるようになりました。

以上の方法を踏まえて私は理系科目でトップになることができ、周りの大人達からも少しずつ信頼されるようになりました。

センター模試で結果を出す

皆さんご存知の通り、国立を受験する際にはセンター試験をパスする必要があります。

センター試験の前には2次試験の対策もしなければならないので、センター模試で点数を安定させる必要があるのです。

そこで思いついた策は「とにかく模試の数をこなす」ことでした。

とはいえ学校で行われる進研模試は、本番の模試よりも明らかにレベルが低いので2ヶ月に1回行われる東進模試を受けることにしました。

※僕は東進生ではなく、島で唯一受けられる外部模試が東進模試しかありませんでした。

センター模試では思うような結果が出ずいつも涙を飲んでいましたが、自分自身を律するために何があっても必ず受験することを決意します

受け続けたはいいものの中々結果が出ず、塾の先生には「志望校のランクを下げた方が良い」と何度も忠告されました。

当時の私は高1〜2で旧帝大レベルの問題は解けていたので、自分には力がないわけではないと信じていました。

この「周囲からの評価」と「自分自身への期待」のギャップを埋めるために、本格的にセンターの点数を狙いに行くことにします。

具体的な流れとしては、年間>月間>週間単位で目標を立て、各フェーズで必要な工数を設定しました

※細かなテクニックは割愛します。

「どの参考書を終わらせれば、どれくらいの時期に何点取れるか」など細かな情報はインターネットで調べたり、一つ上の先輩に直接尋ねたりしました

すると「合格までの道筋」と「今やること」がはっきりしたので、後はそれを実行するだけです。

口で言うのは簡単ですが、いざやってみると集中力が続かず結局1日に8時間程度が私の限界でした。

それを見越して予めバッファを設けていたので、予定通りセンターの点数を上げることができ、センター模試でも結果が出るようになりました。

結果が出るようになってからは、周りの大人からも少しずつ認められるようになります。

すると心理的なストレスがなくなり、順調に点数をキープすることで、本番でもある程度の結果を残すことができました。

※数IIBは満点、物理は96点。他は秘密。

志望校(国立)の模試でA判定を取る

センター試験はともかく、難関大では「2次試験の点数」が直接合否に直結します。

前述したように私は難しい問題が好きだったので、2次試験は楽しんで勉強できました。

しかしセンター対策で時間が取られると、肝心の2次試験の対策ができません。

そこで「学校の休み時間を全部勉強に捧げる」「高校の夏季講習を免除してもらう」という強行策に出ました。

当時私は、休み時間で勉強するために交友関係を制限し、高校の夏季講習免除のために先生に直談判しました。

※やりすぎだと思われるかもしれませんが、本当に必死でした。。

交友関係を制限したのは、周りの友達のほとんどが大学受験をしない層だったからです。

また夏季講習免除に関しては、一つ上の東大志望の先輩が行っていたのでパクリました。

結果、2次試験の勉強時間を確保することができ、3年の夏にあった志望校の記述模試で「A判定」を出すことができたのです。

最終的にその大学は不合格となったのですが、一度A判定を出すことができたおかげで最後までモチベーションを保つことができました。

※それまでは塾の先生に「合格はかなり厳しい」と言われ続けていたので、少しでも希望の光が見えたことが本当に嬉しかったです。。

おわりに

以上が、20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【大学受験編】でした。

田舎から難関大受験を考えている学生の参考になれれば幸いです。

 

これからも有益な情報を無料で発信し続けるので「ブックマークB!」と「SNSのフォロー」お願いします🙇‍♂️

🗣んならね〜〜

20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【長期インターン編】1/3
大学1年の夏から長期インターンを始めた理由 私はよく大学の友達とバイトの話になった時に、長期インターンのことをできるだけ話さないようにしています。 理由は大学では「お調子者」として認識されているので、いわゆる"意識高い系"の行動はキャラぶれに繋がるから...
20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【高校・大学行事編】3/3
【高校生】イベントを全力で楽しむ〜大学受験との両立〜 私は高校生の頃「文化祭や後夜祭をいかに効率よく楽しむか」について考え、それを実践してきました。 結論から言うと、その方法は「準備を一切せず本番で誰よりも楽しむ」です(シンプルにクズw なぜその...

Comment