20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【長期インターン編】1/3

sponsored link

はじめに

今回からようやく第一部「長期インターン編」が始まります。

1年8ヶ月という事で様々な思い出はありますが、できるだけ要点を絞りかつ詳細にお伝えできればと思います。

大学1年の夏から長期インターンを始めた理由

私はよく大学の同級生とバイトの話になった時に、長期インターンをやっている事をできるだけ話さないようにしています。

理由は、大学では「お調子者」として認識されているので、長期インターンのようないわゆる”意識高い系”の活動は、キャラぶれに繋がるからです(謎のプライドw

さて、冗談はこの辺にしてここから本題に入りたいと思います。

私が大学一年生の夏(当時18歳)という早い時期に長期インターンを始めた理由は「自分の成長につながることがしたい」「時間を無駄にしたくない」「実際のビジネスの現場を肌で感じたい」と考えたからです。

私は大学1年生の春学期に「バイトが辛い、行きたくない」という友達の言葉をよく耳にしていました。

当時、就労経験が全く無かったので「なぜ貴重な大学生活を犠牲にしてまで興味の無い仕事をするのか」「苦労して入学したのに興味のないことに時間を費やして良いのか」という疑問が生じ、周りの行動に強烈な違和感を感じていました。

また地方から出てきたという事もあり、都会の職業をほとんど知らず「実際のビジネスの現場」についても強い関心がありました。

長期インターンで何に取り組み、何を学んだか。

私は長期インターンで「ビッグデータを用いた分析プラットフォームの構築」を主な業務とし、他にも「Tableau資格/認定試験の最年少合格」「最年少チームリーダー」などを経験しました。

まず、「ビッグデータを用いた分析プラットフォームの構築」について話します。

ビッグデータを用いたお仕事のきっかけはTableau製品との出会いでした。

私は入社したての頃、「社員さんのお手伝い」や「WEB解析業務」をメインに行なっていたのですが、ある日近くの席に座っていた方がTableau製品でビッグデータを可視化しているのを見て衝撃を覚えました。

データってこんなにカッコ良いものなのか。

これまで漠然と抱いていた「データ=無機質な文字の羅列」というイメージが完全に崩れ落ち、「データ=美しいVizの構成要素」という認識に変わった瞬間でした。

それからは積極的にその社員さんに声をかけ、なるべく多くのお仕事をいただけるよう努めました。

その後、Tableauを扱う仕事も徐々にいただけるようになり、様々な苦難を経てスキルが上達すると「もっと裁量権の大きな仕事をやってみたい」という気持ちが芽生えるようになりました。

これまではVizの”一部”を依頼された形で提出するだけだったので多少間違っていても社員さんが修正してくれたのですが、裁量権の大きな仕事を扱うとなるとそうはいきません。

データの計算や細かな設計にも責任が伴ってきます。

つまり裁量権の大きな仕事をするには何らかの形で自分のスキルを証明する必要があるのです。

 

そこで大学2年の夏休みに「Tableau Desktop Certified Associate」を受験することを決意しました。

受験料は 「$250」(約2万5千円)とかなり高額ですが、私の会社は「資格試験に合格すれば受験料免除」という福利厚生があるので、一発合格を目標に頑張りました。

当時はTableauに関する業務をいただくのはもちろんのこと、会社が休みの週末にプライベートで時間を作って勉強したりもしました。

結果何とか一発で合格する事ができ、少しずつ裁量権の大きな仕事を任せてもらえるようになりました。

ここまでTableauに関わってきて成長を実感していた私は「さらに上を目指したい」と思い、3ヶ月の短期集中プログラムである「DATA Saber」という認定試験に挑戦しました。

この認定試験では高い技術力が求められるのはもちろんのこと、実際のビジネスで問題が起きた時「どう対処すべきか」、脳科学の観点から「可視化の目的に合わせた適切なグラフは何か」、ダッシュボードのパフォーマンスを上げるために「どのような工夫をすべきなのか」など、この試験を通してでしか分からないことを学ぶことができました。

試験では全問正解するまで次のステージに行く事ができず、間違えた箇所も教えてもらえないので一つの問題に1ヶ月以上時間を要したものもあります。

さらにその試験にはコミュニティ活動のノルマがあり、実際に大学図書館にクラスメートを8人ほど呼び「Tableauの基礎講座」を実施したり、Tableau関連の「ブログ記事を10本」書いたり、社会人の「イベントに参加」したりもしました。

ただ全てが純分満帆だったわけではなく、大学の期末試験や地元の成人式の準備などで忙しかったことと、先の見えない問題に何度も心が折れそうになりました。

しかし自分で挑戦を決めた以上やり切りたかったので、プライベートの隙間時間を全て試験の時間に充て、何とか期限ギリギリで合格する事ができました。

自分自身「スキルを身につける事ができた」のはもちろんのこと、それ以上に「挑戦者同士の横のつながりができた」ことが本当にこの認定試験に挑戦して良かったなと感じた点です。

※DATA Saberの認定試験では、同じ挑戦者と銀座SIXのTableau本社に集まって、職種や年齢を超えてディスカッションをする事でとても有意義な時間を過ごす事ができました。

これらの試験に合格する事ができたせいか、どんどん「裁量権のある仕事」を任されるようになりました。

当初は綺麗に加工されたデータのみをTableauを用いてビジュアライズしていたのですが、試験に合格してからは、データの「設計」「加工」「運用」なども任されるようになりました。

それまでpaizaなどのプログラミング学習サービスでSQLなどを学んでいたので、Big QueryやRedshiftを用いた「設計」や「加工」はある程度できると思っていたのですが、実際の仕事になってみると「全く歯が立たない」という事を痛感させられました。

それから一つ一つのコードをネットで調べ自分の言葉でまとめたり、その集計が「何に用いられてどう処理されるのか」ということを把握したりなど、自分なりに試行錯誤してみました。

その甲斐あってか今では「設計」「加工」「可視化」「運用」「共有」を包括した「分析プラットフォームの構築」に携わることができました。

 

ところで大学が冬休みに入った頃、インターン生の「チームリーダー(5~6人規模)」を任されるようになりました。

CEOからは教えてもらっていないのですが、私が任された理由としては以下の3つが挙げられると思います。

①勤務経験が長い」「②年上にも発言できる」 「③年齢が若い

私のインターン先では主に「大学院生」「学部3~4年生」が新人として入社してきます。

そこで重要となってくるのが、年齢を気にせず「いかに効率よく仕事を振れるか」、チーム内で「円滑なコミュニケーションが取れるか」です。

私は他の先輩方よりも勤務経験が長いので「どの社員さんがどんな案件を持っているか」「困ったらどうすれば良いか」を他の人よりも知っており、社員さんとの関係値もあるのでより親密に会話をすることができます。

また私は人見知りがほとんど無いので「年上にも堂々と話す」ことができ、年齢も若いので「長期的に組織にコミットできる」という強みがあります。

これらの要因が「最年少チームリーダー」に任された理由なのではないかと自分の中で勝手に解釈しています。

しかし、それは思った簡単なものではなく「チーム全体のタスク管理」「モチベーション維持」など、自分のタスクに余裕がない時でもやらなければならない事はたくさんあります。

※本当はこんなブログを書いている場合じゃないw

チームのタスク管理の面で言えば、定期的に詳細なタスク状況をヒアリングし、その進捗度合いから新しいタスクを振らなければなりません。

また、モチベーション管理の面では、メンタルの強くないメンバーにメッセージを送り、何か困りごとが無いかを聞くようにもしています。

これらの成果が身を結んだこともあってか、私のチームは他のチームに比べて「作業効率の良い組織」(=手が余る人がいない組織)となっています。

私はこの経験から「リーダーとしての立ち回りの難しさ」「メンバーに寄り添うマメな姿勢の重要性」を学びました。

おわりに

以上が、 20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【長期インターン編】となりました。

ここまで長い文章を読んでくださり、ありがとうございます。

少しでも長期インターンを考えている学生の参考になれば幸いです

これからも有益な情報を無料で発信し続けるので「ブックマークB!」と「SNSのフォロー」お願いします:man-bowing:

🗣んならね〜〜

Comment