20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【高校・大学行事編】3/3

sponsored link

【高校生】イベントを全力で楽しむ〜大学受験との両立〜

私は高校生の頃「文化祭や後夜祭をいかに効率よく楽しむか」について考え、それを実践してきました。

結論から言うと、その方法は「準備を一切せず本番で誰よりも楽しむ」です(シンプルにクズw

なぜそのような行動をするようになったかというと、一番の要因は「大学受験」です。

当時、自分のキャパを超え無謀といわれる挑戦をしていたので、他のことに時間を割いている余裕はありませんでした。

そこで「イベントの準備は一切行わない」ということを決めました。

※中学までは「イベントの準備楽しいぜ卍」というキャラだったので、みんなで仲良く準備する楽しさも十分わかります。

とはいえ、全く手伝う気のない人間がいると全体の雰囲気が悪くなってしまいます。

そこで私はリハーサルから盛り上げ役に徹し「アイツの存在は大きい」と思わせるようにしました。

盛り上げ役になるための具体的なポイントは「会話の頻度を増やすこと」と「ノリの良いキャラになること」です。

会話の頻度を増やすとみんなと信頼関係を作ることができ、ノリが良ければ自然と目立った存在になることができます。

これらを効率的に実践するにはどうしたら良いでしょうか。

答えは簡単で「学内の人気者とマイメンになる」ことです。

人気者は基本的にイベントの中心にいることも多いので、彼らと仲良くしておけば「全く準備をせずに本番だけ楽しむ」ことが可能になります。

それだけではありません。

人気者は総じてテンションが高く面白い人が多いので、自然と「ノリの良さ」が身体に染みつくようになります。

とてもアッサリ言ってしまいましたが、ここを抑えれば後はぬるゲーです。

ここまでの話を聞くと、Tomって何か戦略的でヤダーーと思うかもしれませんが、実際にはただ適当に生きていただけで何も頭は使っていませんでした。

※学内の人気者達と仲が良かったのも、私が元野球部でわんぱくキャラだったということが最たる要因です。

以上の2点をおさえることで、イベントで何の準備もせず高校行事を全て思いっきり楽しむことができます。

さらに、副産物として「ダンス部に声をかけられ後夜祭でパフォーマンスをする」という経験もできました。

※後夜祭とは文化祭の夜に行われるビッグイベントで、軽音部や運動部がこれまでの集大成を披露するというものです。

もはや伝説となった宮古高校後夜祭【ダンス部 × 帰宅部】
もはや伝説となった宮古高校後夜祭【ダンス部 × 帰宅部】 【元ネタ】東京ゲゲゲイ「JDK」 メンバー紹介 ヒロインの転校生役 宮古島のガッキーこと「あんじ」(通称:あんじP) 入学当初から圧倒的美貌で、学校中の男たちをメロメロにしてきた。...

以上を抽象化してまとめると「組織の中心人物と親睦を深めることができれば、効率よくイベントを楽しむことができる」ということです。

そして後悔のない高校生活を満喫できれば、それは大学受験へも確実にプラスに働きます

普段から面白い人達と絡むことでそれが「受験の息抜き」になり、さらに各イベントも全力で楽しむことで生活にメリハリがつき「何の迷いもなく受験と向き合うことができる」のです。

【大学生】三田祭の売り子でトップ成績を出す

私が大学行事で成果をあげたことは「三田祭の売り子でトップ成績を出すこと」です。

1、2年次でコミットしたサークルは違うのですが、どちらも同程度売れたので、今回は記憶に新しい「2年次の三田祭」についてご説明します。

三田祭とは慶應のお祭りのことで、3日間連続で行われます。

初日は免許の筆記試験があり参加できなかったので、2日目から参戦することにしました。

私たちのサークルはラスクを売っていたのですが、初日を終えた段階で私に「売上少なすぎてヤバいww」という連絡がありました。

原因は主に「テナントの設置場所に恵まれなかった」「ラスクの需要がない」とのことでした。

テナントの設置場所は抽選なので仕方がないですが、ラスクは売り方によっては改善の余地があるのではと考えていました。

参戦初日「とりあえず大量の通行人に声をかける」という単純策に出ます。

まずは普通に売ってみて今年の客の属性や行動パターンを把握するのです。

そして1時間ほどして特徴が見えてきた段階で戦略をたてます。

具体的には「どのターゲット層が最もCVRが高いか」「どの声かけが購入に繋がりやすいか」について分析するのです。

※CVR=成約率。

そしれ絞られた選択肢を実験的に行えば、売上を最大化できる法則がある程度見えてきます。

まずターゲット層に関しては私の場合「男女カップルの男性側」「複数人の女性グループ」に声をかけることで、最もCVRが高くなるということが分かりました。

そして購入に繋がりやすい声かけに関しては「ターゲットが手にしているもの(タコ焼きやバナナチョコなど)で少しギャクを挟む」「相手が買わない言い分を聞き、逆の視点から強引に購入へ導く」ということが最も効果的だということが分かりました。

※強引に買わせると聞くと嫌な印象がありますが、お祭りでは意外と客も押売りを好む傾向にあります(主観

祭りの種類や客層によって戦略は変わるのですが、結果的に2日間で300円のラスクを150人近くに売り、無事に「売り子としてトップ成績を出す」ことができました。

※もちろんずっと売り子をしていたわけではなく、外に出て色々三田祭を楽しんだりもしました。

私はこの経験から「ターゲティングと各セグメント毎のアプローチを最適化することで、売上を最大化できる」ということを学びました。

おわりに

以上が、20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【高校・大学行事編】でした。

今回で「長期インターン編」「大学受験編」「高校・大学行事編」の全てが終わったのですが、他にも何か書いて欲しい記事があればこちらよりリクエストを下さい。

 

これからも有益な情報を無料で発信し続けるので「ブックマークB!」と「SNSのフォロー」お願いします🙇‍♂️

🗣んならね〜〜

20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【長期インターン編】1/3
大学1年の夏から長期インターンを始めた理由 私はよく大学の友達とバイトの話になった時に、長期インターンのことをできるだけ話さないようにしています。 理由は大学では「お調子者」として認識されているので、いわゆる"意識高い系"の行動はキャラぶれに繋がるから...
20歳の僕が学生時代に頑張った3つのこと【大学受験編】2/3
田舎の中学から難関大を志望した理由 結論から言うと、私が難関大を志望した理由は「自分がワクワクする世界に飛び込みたかったから」です。 私は生後から高3までの18年間を田舎で育ち、小中は野球部に属していました。 学校では授業中もやりたい放題で、週末...

Comment