【初代】Splunk の長期インターン受かったニキ

この記事は約5分で読めます。
sponsored link

はじめに

私は慶應義塾大学の学部4年生で、2021年の3月に Splunk Japan (スプランクジャパン) の長期インターンに応募し、6月に合格をいただきました。

Splunk Japanは新卒採用を行なっていないため、これまで学生向けの情報がほとんどありませんでした。しかし今年度からインターン生の募集を開始し、(おそらく)今後も継続されると思うので、本エントリが将来Splunkを志す学生さんの一助となれれば幸いです。

※最大限配慮しているつもりですが、もし不適切な内容などございましたらご指摘いただければ削除いたします。

Splunk Japanへ応募した背景

きっかけは今年の3月末、前職でお世話になった方 (現 Splunk Japan) からのDMでした。

内容としては「エンジニア志望の子がいれば誘って欲しい」というものだったのですが、セールスエンジニアというロールに興味を持っていた私は、友達を誘うだけでなく自らも応募しました。

というのも、私は「人とコミュニケーションを取りながら仕事がしたい(営業的側面)」「最新技術をキャッチアップできる環境で働きたい(エンジニア的側面)」という想いがあり、その両方を満たすにはセールスエンジニアが最適だと考えたからです。

【22新卒 ACE】Google に落ちました
はじめに 私は慶應義塾大学の学部4年生で、昨年度 Google Cloud Associate Customer Engineer(以下、ACEと呼ぶ)にエントリーし、2次選考で不合格となりました。...

それまで Splunk の名前すら聞いたことがなかったのですが、2012年に NASDAQ に上場している企業 ($SPLK) だということを知り、驚かされた記憶があります。

その後自分なりに Splunk について調べ、記事としてまとめましたので、会社や製品への理解を深めたい方はこちらを参考にどうぞ。

Splunk
Splunkとは Splunk (スプランク) とは Splunkとは「ビッグデータ(構造化/非構造化)の収集/蓄積→*インデックス化/前処理→分析→可視化をサポートするデータプラットフォーム」で...

募集要項

以下、実際にWEBに掲載されていた募集要項となります。

英語だと分かりにくいと思うので要点のみをお伝えすると、

  • 2021年7月から2ヶ月の有給インターンシップ(週2以上のフルタイム:テスト期間中などの例外あり)
  • セールスエンジニアとしてパートナー企業へSplunk製品の価値訴求, 技術質問への対応を行う
  • コンピュータサイエンス (CS) または関連分野の学部3年/4年、修士在学中の学生を優先
  • 業務では基本日本語だが 技術資料, 製品マニュアル, トレーニング教材 はすべて英語
  • セキュリティ関連業務を行うため、Unixベースの言語 (Perl, Python, sh) やSQLの経験や、レポート開発経験、がある方が望ましい
  • Splunkインターンに興味を持った理由、このインターンが長期的なキャリア形成にどう役立つのかを詳細に説明したカバーレターの提出

です。

Splunk Japanで経験したいこと

Splunk製品の知見を深める

Splunkは企業向け (to B) 製品でハイエンドな価格帯となっているので、それを学生のうちに触れるという経験はかなりレアだと思います。

製品の特徴としても「ビッグデータのログ収集/解析/可視化」ということで、私のこれまでの経験 (Tableau, SQL, Python etc.) が活かせる領域なのではないか、と勝手ながら想像しております。

セールスエンジニアの経験値を高める

過去記事でも何度かお伝えしていますが、学生のうちにセールスエンジニアを経験できるのは非常に稀です。具体的には「プレゼンスキル」「お客様の課題を汲み取る力」を高めることができることができると考えています。

外資系オフィスで働く

私は大学3年夏から半年間 Tableau Japan (現セールスフォース) で働いていたのですが、COVID-19の影響もあって最後までリモート勤務となってしまいました。

しかし緊急事態宣言が解除された今、Splunk Japanを含む多くのオフィスが再開され始めています。オフィスで働きたい気持ちが強かった私としては、まさに願ったり叶ったりです。

合格要因

ここから先は私の想像ですが、合格要因は主に3つあったと考えています。

①Splunk製品を(ある程度)理解していたこと

まず大前提として「Splunkはどのようなサービスを展開しているか」を理解している必要があります。私の過去記事にSplunkの概要が載っているので、気になる方はそちらを参照してください。

実際に選考の中でも、Splunkのビジネス理解を問うような質問がありました。

②SEの志望動機をしっかり伝えられたこと

どの会社もそうですが「志望動機」は固めておく必要があります。

私は冒頭でもお伝えした通り自分の性格がSEにマッチしていると考えていて、かつTableau Japanでも実際に半年間SEを経験していたので、志望動機はしっかり伝えられたかなと思います。

③データ周りの経験/知見

Splunkは主にマシンログ/IoTなどのビッグデータを扱うため、データ周りの経験/知見が求められます。

私は募集要項にあるようなセキュリティの知見こそ少ないものの、Tableau, Redshift, Treasure Dataなどの実務経験があり、かつTableau/AWSの資格も複数所有しているのでそれが評価されたのだと思っています。

おまけ

支給品到着

会社から『Macbook Pro(新品)』『Splunkグッズ(直輸入品)』が支給されました。

スナック

支給品とは別日にスナックセットも届きました。