【東大早慶22卒】有名企業のエントリーはもう終わり!?〜インターン情報〜

sponsored link

はじめに

事件は昨日(2020/3/27)起きた。

その日は会社の先輩の送別会という事で、とある恵比寿の酒屋でワイワイ飲んでいた。

卒業旅行や春休みの思い出など、話がある程度弾んできたところで次の話題は「就活」の話になった。

先輩に「僕、外資系興味あるんですよね〜」と軽く言ってみたところ、「もうそろそろ締切じゃない?」と言われ、さらに話を聞いてみると「隣の席の同期(新大学3年)が既に就活を始めており、1社から内定をもらっている」という衝撃の事実を知った。

そこで猛烈な危機感を感じ「有名企業の募集締切を調べてみた」ので、これは是非他の大学生にも伝えなければならないと思い今回筆を執った次第である。

【一覧】東大早慶出身者が満足している会社ランキング2020

こちらでは東洋経済の記事を基に有名企業の就活状況をまとめていきたいと思う。

※出所は「OpenWork

f:id:tomtyan:20200328040918p:plain

記事の内容としては「東大早慶出身者の就職後満足度」をランキングにしたものであるが、今回私が行うのはランキングの紹介ではなく「就職後満足度TOP20に含まれる全ての企業の募集締切」を紹介するというものである。

【詳細】東大早慶出身者が満足している会社の締切日程

– – – 7/8 – – –

A.T.カーニー」:世界トップの経営戦略コンサルティングファーム。特にオペレーション業務(管理や操作など)のコンサルティングに定評があり、常駐型(他社オフィスで働く型)が多いと言われている。本選考へ進むにはインターンへ参加が必須。

※インターンシップの応募は「7/8」(参考

※「経営戦略コンサルティングファーム」=クライアント(企業)が直面する経営上の課題を解決するための戦略策定(方針決め)を行う会社。(参考

– – – 7月未明 – – –

ゴールドマン・サックス」:世界トップの外資系投資銀行。徹底した合理主義と人脈が強みで、取引先は世界トップ企業(or 超金持ち)で米国ホワイトハウスとの関わりが強いと言われている。

※インターンシップの応募は「6/23」(終了)

※「外資系投資銀行」=企業を顧客として資金調達やM&A(合併や買収)のアドバイスをしたり、機関投資家(会社や銀行から大量のお金を株や債券に投資する大口投資家)向けに金融商品(株や保険など)の売買を行ったりする銀行(参考

– – – 8月未明 – – –

ボストン・コンサルティング」:世界トップの経営戦略コンサルティングファーム。理系院生が多いということもあり研究者気質の真面目な多く、先輩からのサポートが充実していることでも有名。本選考へ進むにはインターンへ参加が必須。

※インターンシップの応募は「6/1」(終了)

※「コンサルティングファーム」=クライアント(企業)が直面する課題を解決するための戦略策定(方針決め)を行う会社。(参考

デロイト・トーマツ」:世界規模の経営コンサルティングファーム。人を育てるという社風があり他の外資系に比べて比較的シビアでなく、一人前になるまで社内で面倒をみるという考え方が浸透している。

※インターンシップの応募は「6/30」(参考)

– – – 9月未明 – – –

マッキンゼー&カンパニー」:世界トップの経営戦略コンサルティングファーム。新卒の多くは東大理系大学院生。オールラウンダーよりも何かに特出した強烈な人材が多い。本選考へ進むにはインターンへ参加が必須。

※インターンシップの応募は「6/7」(終了)

– – – 10/31 – – –

ネスレ日本」:世界トップの食品・飲料会社。日本ではネスレカフェやキットカットの販売で有名。

– – – 11月未明 – – –

ディーエヌエー(DeNA)」:日本トップのガス会社。新卒社員にはロジカルで頭が良い東大卒の学生が多く、最近では最先端技術(自動運転やAIなど)にも力を入れている。福利厚生が非常に手厚い。

※インターンシップの応募は「7/5」(参考

IBM」:コンピュータ関連の製品やサービスを提供する世界トップ企業。世界的に圧倒的なブランド力を持つIT企業で、特にコンピュータ関連に強い。

※インターンシップの応募は「6/2」(終了)

アクセンチュア」:世界規模で人気なコンサルティングファーム。採用人数が多く、テクノロジーとデジタルの分野で大規模な案件に携わることができる。

※インターンシップの応募は「8/19」(参考

– – – 12月未明 – – –

プロクター&ギャンブル(P&G)」:世界トップの一般消費財メーカー。マーケティングに非常に力を入れる企業で、外資メーカーにしてはプライベートの時間を確保しやすく、優種な人材を輩出する事にも定評が高い。

※インターンシップの応募は「6/29」(参考)

– – – 1月未明 – – –

旭化成」:日本トップの総合化学メーカー。90年以上の歴史があり、日本で初めてアンモニアを化学合成しただけでなく、30ヶ国以上に事業展開を行うグローバル企業。

※インターンシップの応募は1月中旬(参考

日揮ホールディングス」:日本の建設・エンジニアリング会社。かなり大規模な事業に関われるだけでなく、社員の給料も非常に高い。

※インターンシップの応募は「7/31」(参考

– – – 2月未明 – – –

リクルート」:様々な事業(求人広告、人材派遣など)を手がける人気企業。リクナビが有名なだけでなく、SUUMOやHOT PEPPERグルメなど我々の生活を支える多くのサービスを提供している。

※インターンシップの応募は「4/3」「6/16」(終了)

キーエンス」:日本のトップ精密機器(センサー、顕微鏡など)メーカー。センサーを中心に世界をリードする企業で、国内の年収ランキングでは首位を独走している。

※インターンシップの応募は10月〜12月頃(参考

博報堂」:電通の次に有名な広告代理店。電通ほど資金力がないので、個の力が強く企画・提案力にとても定評がある。

※インターンシップの応募は「7/22」(参考

SAPジャパン」:一年中採用。企業向けシステム基盤を提供するソフトウェア会社。企業のERPパッケージ(会計・人事・販売業務を効率化するサービス)で圧倒的シェアを誇ることで有名。

※インターンシップの応募は「4/15」(終了)

— – 3/17 – – –

三井物産」:5大総合商社の一角。エネルギー・資源分野(原油や天然ガスなど)でNo.1と言われおり、欧米の有名企業との取引関係も深い。

※インターンシップの応募は11月中旬〜12月下旬頃(参考

※「商社」=多くの商品を扱う卸売業。「総合商社」=幅広い分野を扱う商社(参考

– – – 3/23 – – –

楽天」:日本トップのIT企業。国内のネット通販市場を牽引しており、数字や目標には厳しいが、得られる経験も年収も高い傾向にある。

※インターンシップの応募は11月〜12月頃(参考

– – – 3/24 – – –

三菱商事」:5大総合商社の一角。会社として非常に規模が大きく知名度があるので、総合商社No.1としての呼び声も高い。

※インターンシップの応募は1月中旬頃(参考

– – – 3/25 – – –

伊藤忠商事」:5大総合商社の一角。非資源分野(繊維・食料・機械など)に強く、中国をはじめとしたアジアで評価が高い。

※インターンシップの応募は「1/15」(参考

– – – 3/27 – – –

東京海上日動」:日本トップの損害保険会社。歴史があり海外拠点が豊富なだけでなく、年収が高いことから就活生に人気の企業。

※インターンシップの応募は「6/30」(参考

※「損害保険会社」=モノの損害(家の全焼や車の破損など)に関わるリスクを保証する保険会社(参考

– – – 3/31 – – –

電通」:日本トップの広告代理店。国内のみならず世界的な地位も高く、非常に体育会気質の強い高収入企業。

※インターンシップの応募は「7/3」「7/22」(参考

※「広告代理店」=企業の広告活動を代理的に行う会社(参考

– – – 3月未明 – – –

野村證券」:日本最大の証券会社。営業マンのノルマが非常にキツイことで有名だが、徹底した実力主義と若手抜擢の面から就活では必ず上位に来る。

※インターンシップの応募は「7/13」(参考

※「証券会社」=投資家の株式売買の仲介や自社のお金で株式(企業への出資)・債権(お金の貸付)の売買をする会社(参考

野村総合研究所」:日本トップのシンクタンク。金融機関(証券・保険・銀行など)向けシステム開発やコンサルティングに強い。

※インターンシップの応募は「6/10」(終了)

※「シンクタンク」=様々な領域の専門家を集め調査・研究を行い政策などへの提言をする機関参考

グーグル合同会社」:Googleの日本支社。社員に超優秀な人材が多く、名実ともに世界最高峰。

※インターンシップの応募は「4/12」(終了)

※「合同会社」=株式会社よりも設立コストを抑えられる。決済公告が不要で迅速な意思決定もできる(参考

千代田化工建設」:日本の建設・エンジニアリング会社。石油・LNG(液化天然ガス)・発電所などの設備〜建設まで全てを手掛けることができる。

※インターンシップの応募は6/30(参考

※「エンジニアリング会社」=大規模な建設に伴う機器の調達も含んだ設計や建設を行う会社。

日本郵船」:日本トップの船会社。海上輸送以外でも高い収益を挙げており、社員の給料が高いという特徴を持つ。

※インターンシップの応募は1月中旬(参考

東京ガス」:日本トップのガス会社。都市ガス事業が売上の9割を占める大手企業だが、それだけでなく不動産業などにも力を入れ始めている。

※インターンシップの応募は「7/6」(参考

トヨタ自動車」:日本トップの自動車会社。知らない人はいない日本最大の自動車会社で、実は住宅や金融など自動車以外の産業にも着力している。

※インターンシップの応募は12月中旬頃(参考

デンソー」:日本トップの自動車部品メーカー。トヨタが主な取引先で、自動車関連のみならず生活関連機器(給油機など)の研究・開発にも力を入れている。

※インターンシップの応募は「12/31」(参考

– – – 4/1 – – –

丸紅」:5大総合商社の一角。食料・電力事業に強く、現場でみんなを巻き込む熱い社風があり、常に様々な事に全力で挑戦することができる。

※インターンシップの応募は2月中旬頃(参考

– – – 4/6 – – –

NTTデータ」:日本トップの情報サービス事業会社。データ通信やシステム構築事業において国内で最も有名。

※インターンシップの応募は「6/28」(参考

小松製作所」:日本トップの建設・鉱山機械メーカー。国内で圧倒的なシェアを誇るだけでなく、世界的な企業としてのブランド力も高い。

※インターンシップの応募は「6/30」(参考

– – – 4/10 – – –

双日」:日本の総合商社。規模感こそ5大商社には劣るが、一番新しい総合商社という事もあって何度でも挑戦する社風が根付いている。

※インターンシップの応募は11月中旬頃(参考

– – – 4/15 – – –

三菱総合研究所」:日本トップのシンクタンク。売り上げに占める官公庁の割合が約7割と、政府系の案件が多い。

※インターンシップの応募は「6/14」(終了)

– – – 4/17 – – –

アビーム コンサルティング」:日本発のコンサルティングファーム。戦略からシステム導入まで全てをカバーしており、クライアントからの信頼も厚いので顧客満足度が高い。

※インターンシップの応募は「7/3」(参考)

– – – 4/20 – – –

ソニー」:様々な事業(ゲーム・映画・音楽など)を手がける人気企業。世界的大ヒットを量産した企業で、世界的なブランドから外国ではアメリカの企業と思われることも多い。

※インターンシップの応募は「6/30」(参考

– – – 4/27 – – –

日本放送協会(NHK)」:日本の公共放送を担っている法人。日本人なら誰でも知っている企業で、国民からの受信料と政府負担によって成り立っている。

※インターンシップの応募時期は不明(参考

※「法人」=人と同じく法律が適用される組織(参考

– – – 4月未明 – – –

住友商事」:5大総合商社の一角。金属・輸送機・生活関連業務に強く、住友系企業との繋がりが深い。

※インターンシップの応募は「8/31」(参考

デル」:世界トップのソリューションプロバイダー。ノートパソコンが最も有名で、PCメーカーの知名度としては世界トップクラス。

※インターンシップの応募は「8/30」(参考

※「ソリューションプロバイダー」=問題解決型のシステム支援構築業(参考

キリンビール」:日本トップの酒造会社。有名な商品にはキリンビールや午後の紅茶などがあり、社員の年収が高いという特徴を持つ。

※インターンシップの応募は10月〜11月(参考

まとめ

もうガチ勢は就活を終わらせているw

ここまで長々と紹介してきましたが、実際のところ私はまだ1社も応募していませんww

しかしチャンスを逃さないという意味でも大まかな時期は知っていた方が良さそうですね。

これからも有益な情報を無料で発信し続けるので「ブックマークB!」と「SNSのフォロー」お願いします🙇‍♂️

🗣んならね〜〜

Comment